HSPの彼に心療内科を勧めてすれ違い!私が伝えたい大事なこととは

こんばんは、ぴのり(@pinori0808)です✨

皆さまの中で

悩みネコ

・好きな人が自分をカン違いする
・意思疎通が上手くいかない💦
と、悩んでいる方はいませんか?

 

今回は私がHSPの彼と付き合って1年目にぶち当たった、カン違いから起こったすれ違いエピソードを綴ります。

 

参考にすれば、恋人との付き合い方に悩んでいるHSPや非HSPのヒントになりますよ☘

 

⇩そもそもHSPって何?という方はこちらをどうぞ。

彼氏はHSPだった!付き合って2年半の彼女の苦労&サポート法とは?

 

記事の内容
  • 体験談:HSPの彼はうつ病だと思って心療内科を勧めた
  • HSPとうつ病の違いとは?
  • 私からHSP、恋人がHSPの非HSPへ伝えたいこと

となっています。

 

それでは詳しく説明していきますね☘

 

HSPの彼はうつ病だと思って心療内科を勧めた!【体験談】

服薬していることを打ち明けられる

付き合って間もない頃、HSPの彼は何の前置きもなく突然

クロにゃん
クロにゃん
自分、薬飲んでるんだ
と、私へ伝えてきました。

その時私は

 

クロにゃんから服薬していることを打ち明けられるぴのり

 

と、とにかくなんでもないような雰囲気を装いました。

(実際に、よくある身近なことだと思っていた。)

この時の彼の話し方や普段のしぐさ(目を合わせないこと)などから、あまり詳しく聞くと

彼は心を閉ざしてしまうのでは…?
ぴのり
ぴのり

と思ったからです。

なので、彼が

  • いつから
  • どんな症状があって
  • どんな心療内科でお薬をもらっているのか
  • 病名はあるのか

など全くわからないまま時間が経っていきました。。。💦

 

そして、付き合って2ヶ月が経つ頃に突然別れを切り出されたり、

(詳しくはこちら➡)HSPの彼が付き合って2ヶ月で別れを切り出してきた!その時の私の対応は?

音信不通になったり、不安定な日々が続きました。。。(;´・ω・)

 

HSPの彼に心療内科を勧めた

特に彼が不安定になったのは遠方への長期出張が決まったとき💦

(詳しくはこちら➡)HSP彼氏に出張宣告!急な引っ越し・環境の変化から身を守るには?

彼はたびたび

クロにゃん
クロにゃん
疲れた。。。
消えてしまいたい。。。
と言うようになり、この世からの旅立ちを予感させる言葉も何度もありました。。。(:_;)

(このときは、彼が飲んでいる薬や心療内科にきちんと通院していないことは聞いていました。

そして、私は彼がうつ病だと思い込むようになりました。)

 

きゅか
きゅか
ちゃんと心療内科に行って診てもらったほうがいいんじゃない?

私の姉(HSPでパニック障害)は心療内科に通院していたこともあり、彼のことをよく相談していました。

周りからの意見も参考にして、私は少しずつ彼に訴えてみることに!

 

ゆっくり心療内科に通院してみないか?と提案するぴのり

 

彼が少し落ち着いているタイミングをはかって、なるべく話の流れで自然にゆっくり伝えていきました。

(彼の負担を考えてかなり慎重にいきました。)

時には評判のいいカウンセリングもある近い心療内科を調べて伝えたり、

このままだと、身体が動かなくなって取り返しがつかないほどツラくなるよと訴えたり。。。

 

HSPの彼がやっと教えてくれた

クロにゃん
クロにゃん
いや、自分うつ病じゃないんだよ

彼は私が色々提案してからしばらく経つころに、やっと自分のことを詳しく話してくれました。

  • 最初に心療内科に行ったきっかけ
  • 適応障害と言われたがうつ病とは診断されなかったこと
  • この世を旅立つ的な発言は甘えたい気持ちがあるから

そして、

 

クロにゃんが誤解して悲しむぴのり

 

私たちはすっかり気持ちがすれ違ってしまったようです💦

 

YouTubeで発見!彼はHSPだった

彼がうつ病ではないと教えてくれたので、やっと

うつじゃないなら何だろう?
ぴのり
ぴのり
と、別の視点で調べ始めました。

 

するとある時、よく「うつ」や「彼氏 音信不通」で検索していたYouTubeのおすすめに、❝HSP❞の動画を見つけたのです!

そこからさらに色々調べて彼はHSPだとわかったのです。

 

HSPとうつ病の違いとは?

よく分からないぴのり

きゅか
きゅか
HSPはもともとの気質で、うつは病気でしょ?

そうです。

もう少し詳しく説明しますね☘

HSPはうつ病とカン違いされやすい

HSPは敏感な気質のため周囲の刺激に振り回されて悩みやすいです。

例えば、「眠れない」「疲れやすい」「気分が落ち込む」という悩みが多いのですが、うつ病の症状にも似ているため医者でも判断が難しいと言われています。

 

HSPとうつの違いは昔と今の性格が同じかどうか

きゅか
きゅか
もっと具体的に違いを教えて~
例えば、

  • 学校で生きづらさを感じ、発表会は嫌で仕方なかった
  • 就職しても組織の中で働くことにかなりのストレスや辛さを感じている

HSPの感受性の強い気質は生まれながらにしてもっているものです。

なので、昔からその気質がずっと変わらず同じならHSPの可能性が高いです。

 

対して、うつは

  • 昔は人に注目されたりはしゃいだり、活発な子どもだったのに、最近は不眠・疲れやすい・気分が落ち込む
  • この世から去りたい願望がある

というように、幼少期と今の性格や物事の感じ方が変わった人はうつ病の可能性があります。

 

HSPがうつ病を患うケースも多い

HSPとうつ病はまったく違うと言っても、HSPがうつ病を患うことも多いです。

それは、

  • うまくいかないのは自分のせいだと自己否定する
  • 他人のことでも自分のことのように共感しやすい
  • すぐに疲弊しちゃう

これらのHSPの気質がうつ病を発症するリスクに大きく関係してくるからです💦

 

HSPは子どものころからの変わらない気質で、うつは後天的な原因から発症する病気です。

うつは原因を探して取り除いたり治療しますが、HSPは病気ではなく気質のため原因がありません。

なので、HSPはストレスをなるべく軽くしたり、自分を知って理解していくことが大切ですね☘

 

私からHSPとHSPを支える非HSPに伝えたいこと

社長との面談でハキハキ話せるぴのり

 

私はHSPの彼と意思疎通がうまく取れず、お互いを傷付けるすれ違いが起きてしまいました…。

皆さまにはこんな長くツライ思いをしてほしくないので私から伝えたいことを綴ります✨

HSPへ伝えたいこと

この社会で生きるのはHSPにとって本当にツライことだと思います。

自分のことで手一杯でどうしようもないのも、見ていてとても伝わってきます(;´・ω・)

 

ただ、落ち着いたときにほんの少しでもいいのであなたを想っている人の気持ちに目を向けてほしいのです。

あなたの周りにいるあなたを心配している人は、電話を切ったあとも、寝る前もずっとあなたを想っています。

あなたを理解しようと必死にどこかにヒントはないかとネットやYouTubeで検索しているかもしれません。

少し落ち着いたら心を開いてみて下さい。

その人があなたの一番の味方になるかもしれませんよ☘

 

ぴのり
ぴのり
悲しいすれ違いなんて1回でお終いにしてくれっ!
と、思うのです。

 

HSPを応援している非HSPへ伝えたいこと

皆さまは少しでもHSPを理解してあげたい、HSPに心を開いてほしいと願いますよね?

繊細なHSPとどのように距離を取ればいいか悩んだり、音信不通になって相手の苦しみを理解できないまま時間が過ぎていくことに不安になることもあります。。。

 

ただ、この状況がずっと続くことはありません

未来を悲観するよりも少し肩の力を抜いて、あなたができる範囲のことをしましょうね☘

未来の2人がどうなっているかはわかりませんが、あなたがHSPを理解したい・サポートしたいと行動した事実は少しずつ未来を変えていきます。

 

そして、あなたの心の奥の❝自分は本当はどうしたいか❞を大切にしてあげて下さい

私は周りの人に「付き合うのやめなよ」と言われたり、相当長い間自分の状況に悩んでいました。

しかし、今はHSPの彼と以前よりだいぶ安定した関係になりました。

暗いトンネルはいつか抜けるように、あなたが本当にどうしたいか、心の芯をしっかり持って進めば必ず別の場所へ辿り着きます。

そこが想像してなかった場所だとしても、自分を信じた道を行ったことが素敵な思い出やあなたが頑張った事実としていい経験になります✨

 

お互いに相手を想った行動を:まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます

 

HSPと非HSPは気質が違うので、根本的に分かり合うことは難しいかもしれません。

けれど、私のように好きな人(HSP)が苦しんでいるのを放っておけずもがいている非HSPもいます。

お互いがゆっくりでも間違いながらでも歩み寄ろうと努力することが大切ですね☘

 

⬇️HSPクロにゃんのお役立ち記事や絵日記もどうぞ

 

 

⬇️Twitterやインスタもやってるのでどうぞ🍀

Twitterではブログ更新&クロにゃんとの日常、小さな幸せツイートをしています✨

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA