【HSP彼氏】映画デート⑤恥ずかしがり屋な彼は腕を組むのが苦手

こんばんは、ぴのりです✨

⇩前回、一緒に映画を観てクロにゃんは退屈そうだったけど、HSPとしては穏やかな映画を選択して良かったかな(;´∀`)?と思った話の続きを綴っていきます☘
映画を観るぴのりとクロにゃん【HSP彼氏】映画デート④HSPは苦手な映画でキャパオーバーになる💦

 

腕を組むなら今でしょ!(暴走🐤)

外は相変わらずシトシトと雨が降り続いていました☔

私とクロにゃんは本日のデートプランを全て終えてしまい、

ぴのり
ぴのり
さて、お次はどこへ
行こうかな。。?
と迷いながら歩いていました。

一緒に歩くのにお互いの傘が当たって邪魔なので、相合傘にしてあてもなく歩いていると、ふと、

ぴのり
ぴのり
そっと腕を組んで
みようか。。?
と思いつきました。。。

恋愛偏差値0の私は、腕を組むタイミングなど全くわからなかったのですが、❝多分、今でしょ!❞と思い立ち、何も聞かずに勝手に組んでしまいました(;’∀’)

。。。え~。。
クロにゃん
クロにゃん
クロにゃんは小さな声でそう言っていましたが、おかまいなしのぴのり。

ぴのり
ぴのり
恋人なんだから
組むでしょ!
なんとなくの雰囲気で、強引に組んでしまいましたが、この当時の私はクロにゃんがHSPだとは知らなかったので、今思えばちょっぴり可哀想なことをしてしまったと思います💦

そのまましばらく歩いていると、

もう、ムリっっ!!
クロにゃん
クロにゃん
と言われ、腕を振りほどかれてしまいました💦

え?なんで?
どういうこと??
ぴのり
ぴのり
ショックというよりか、クロにゃんの辛そうな声を聞いて、少しビックリしました💦

なにやら、人前で腕を組んだり手を繋ぐことがとてつもなく恥ずかしいそうです。

 

HSPは他人からの視線を拡大キャッチしちゃう!

腕を組んでいるところを見られて気にするクロにゃん

私たちは自分と他人を分ける目に見えない境界線を持って日々生きています。

HSPはそんな心の境界線が薄く他人からの影響を受けやすいという部分があります。

例えば、知らない人から道を聞かれたけど、わからず断った後に、❝あの人ちゃんとたどり着けたかなぁ?❞と夜までずっと考えてしまう。。

友人から悩みを打ち明けられ、自分まで同じように苦しくツラい気持ちになる。。

などなど、他人の気持ちを敏感にキャッチして心がいっぱいになってしまいます。

今回HSPのクロにゃんが敏感になってしまったのは周囲の視線です。

自分たちが腕を組んでいるところを、他人が見てどう思うのか?

自分ではなく、他人目線であまりにも敏感に周囲の視線を意識してしまう気質が、彼を超恥ずかしがり屋にさせてしまったのでしょう(´・ω・`)

 

恥ずかしがり屋の彼への対応は?

振りほどかれてしまったら、ムリに組むことはできませんよね。

ここで、もし私が❝誰もそんなに見てないよ~。クロにゃんは考えすぎ!❞や、❝もっと鈍感に生きなよ~。❞と言ってしまったら敏感なHSPの彼を深く傷つけてしまいます(>_<)

あらゆることを深く捉え、影響されてしまうHSPはそれゆえに強いストレスを消化することができず、ネガティブな感情が残りがちです。

自分より他人を優先してしまい、自己否定が強くなり、神経質という言葉に深く傷ついてしまうのです。

最初は外で手を繋ぐことができないなんて寂しいと思っていましたが、そのままの彼を受け入れることで、彼に安心感を持って生きてほしいと願うようになりました✨

 

色々あった映画デートでしたが、彼の繊細な面を沢山知れる貴重な機会となりました☘

散歩した後は❝また今度ね❞と挨拶をして、それぞれ電車に乗って帰りました。

映画デート編おわり🐤✨

 

⇩こちらはHSPを勉強するために参考にした本です✨

他人に振り回されないための自分を守る具体的な方法が書かれてあり、なるほど!と思いました。

途中に出てくる4コマ漫画はHSPをイメージしやすくて良いですね✨

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA